3Mix-MP法

ニシオ歯科で積極的に使っている3Mix-MP法についてお話ししましょう

「スリーミックス エムピーほう」

これは仙台の開業医の宅重(たくしげ)先生が最終的に完成させた方法です。

例えばここに虫歯の穴がみえます。
もちろん黒く(茶色く)なった部分は虫歯です。
その下にも虫歯は広がっています。
さらに歯の奥まで虫歯の菌は入り込んでいるんです。

今までの方法は

虫歯の部分はもちろん、菌が入り込んでいるだろう部分をすべて削ります。
虫歯が大きいと神経が出てしまいます。
出てしまった神経は取りましょう。
根(神経の穴)の治療をしましょう。
芯を立てましょう。
歯にかぶせ物をしましょう。

と、どんどん大きな治療になっていくのです。

この3Mix-MP法®の場合は

虫歯に侵された多くの部分(茶色い部分も)を残します。
(このままだとどんどん虫歯が進行します)
ここに3Mix-MPという薬をつけるのです。
そして封鎖してしまいます。
そうするとつけた薬が浸透して虫歯の菌を殺菌してしまうのです。
そのため神経は残せますし、小さな詰め物だけで済むんです。

また、すでに神経を取った歯の場合、根の先(骨の中)に膿の袋を作る場合がよくあります。

これは普通の方法で根を殺菌しても虫歯の菌が残っているためなのです。
根の先の膿の袋は前歯だと手術して取りましょうというのが通常の方法です。
(奥歯は手術できないので使うだけ使ってひどくなったら抜く)

3Mix-MP法®だと薬を入れるだけで歯全体を殺菌してしまうため、(原因の菌がなくなり)膿の袋は吸収され、
自然となくなるのです。

1回に使う量は「・」くらいですし、歯から外へ出てくることもありません。(だから安全です)

とてもいい方法ですが、厚生労働省の認可を受けていません。
だから自費(保険外)になります。
いくらかというと宅重先生との約束で無料です。

この方法は1998年から行われていて私は2005年受講。その後講習会の講師をやっていました。
(テレビの取材があった時にその日講師をしていた私も映っていたんですよ)

「虫歯は薬で治る」の巻末の治療できる病院のなかにニシオ歯科も入っています。
画像


わかりました??
わからなかったらいつでも聞いてくださいね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック