First, Do No Harm

先日3Mix-MP法の学会で特別講演された「あいうべ体操」を提唱されている今井先生の講演でお話しされた言葉です。

「First, Do No Harm」

まず/何よりも,害を与えてはならない

つまり、害のない治療から始めようということです。

例えば

歯の痛みがあったとします。

ところが虫歯らしきものはない。治療した後はある。

こういう場合、どうするか?

極端な場合、その痛みは脳腫瘍が原因で起こっているかもしれない。

場所によっては心臓病、蓄膿症が原因で起こるなどなど考えられます。

できるだけ害のない検査をしますがよくわからない場合、歯を抜いたり、神経を取ったり、詰め物を取ったりする前に私はまずこうします。

汚れを取る。

もちろん患者さんには毎日正しい磨き方で汚れを取ってもらいます。

歯や歯茎の汚れを取ることで治ってしまう場合が多いのです。

First, Do No Harm

私がいつも心掛けていることです。



私はこの話に関連する過去につらい経験があります。

それは次回の話にしましょう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック