困った歯医者 (インプラント専門破壊者) 1

インプラント専門医 ☆野

私が2度目の無職の後、勤務した病院の院長

私は2度無職(1ヶ月以上)になり3度クビになっています。

2度目の無職のあと、口腔外科に5年半勤務したことをいかそうと面接に行ったのがこの院長の病院でした。

彼は2つ病院を持っていました。赤坂と府中。
私が面接に行ったのが赤坂でした。

立派なオペ室があり、小ぶりながらもちゃんとした無影灯もついていました。

「君のような口腔外科を出た人が来てくれるのはうれしい」
「インプラントをやろうという人はたくさんいるけれど基本がわかっていない」

彼は私のことをほめて「ぜひ来てほしい」という言葉で面接を終えました。

後日、事務長と称する人物に勤務場所を府中と知らされました。

あんなオペ室のある病院の分院なら同じようなものだろう。

ところが実際は全く違いました。

Uインプラント研究所という名前がついているのに、オペする環境ではない。
待合室は照明も暗く、診療室はユニットが8台くらいあるのにほとんどすべてちゃんと動かない。

レントゲンは現像機が壊れていて暗室で手作業で現像する。

技工室には5人くらいの技工士さんがいました。

歯科医師が私を入れて3人。そのうちの1人は受付の女の子といい関係になっている。もう一人は女医。
院長は週に2度しかこない。

患者数は少なく受付の女の子が担当を決めてゆく。歯科医の給与は歩合制だったので当然受付の女の子はまず1番につきあってる彼に患者さんを、次に女医、最後に私。
が、もともとインプラントの技術を学ぶためにきたので給与はあまり問題になりませんでした。

治療はごく普通。ただ、器具は古く、必要なものがあっても買ってくれない。
例えば表面麻酔薬。こんな安いものも買ってくれない。しかたなく私は作りました。似たようなものを。

インプラントはチタンのブレードタイプ。

が、それはもちろん著作権があり勝手にコピーしてはいけません。

ところがそこでは技工室で作っていたんです。
もとのインプラントをかたどり違う金属で作っている。

明らかに違法コピーです。(私はいまだにその証拠品を持っています)

インプラントは骨にがっちりと入り込まなければいけないのに、オペ直後でもがたがたゆれている。

また、無歯顎(歯が全くない)の人にはこういうインプラントもやっていました。
上顎なら上顎の粘膜をはがして骨が出たところで型を取る(骨の)。
それをもとに全顎のインプラントをその場でつくるんです。

その間、その患者さんは上顎の粘膜をはがしたまま待ってる。
2~3時間後それを入れる。

更に、インプラントをした部分にステロイドホルモンを小汚いビンから薬匙で取り出して大量に入れる。

最初はこんなものかと思いましたが変な部分はどんどん見えてくる。

なんだか長くなったので後日続きを話します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック