抜かなくてはいけないと診断された歯を助ける

先々月、初診で女性の患者さんが来院されました。

「他院で絶対抜かなきゃいけないと言われたんですが、知り合いから西尾先生なら何とかしてくれるかもといわれて来た」

とのことでした。



見てみると上の大臼歯、形はかろうじてあるものの、中は虫歯でひどい状態。

おまけにその中心は穴が開いて、本来歯があるべき部分から肉がはみ出ています。



私もこれは無理だと思いました。



ただ、私は抜くと決まった歯でも一応やってはみるという信念なので、麻酔をして虫歯の部分を慎重に削っていきます。穴の大きさを最小限にとどめ、虫歯を限りなく取り除くためです。

もちろん患者さんには抜くことになるかもしれないけれどダメもとで治療する旨はお話ししています。


そしていくつかの処置をして、何回か通院してもらい、先月最終的なかぶせ物をしました。

それから1か月、痛みもなく噛めているようです。




断っておきますが、抜かなければいけないと診断した他院、決して間違っていないと思います。



私は3Mix-MP法を含めいくつかの方法に自分なりの方法を駆使してようやく保存できただけです。



また、その特別な処置の部分の費用は保険では請求できないし、時間も手間も、材料も、かかりました。
(通常の治療の部分のみ請求できますが)

更にもし、痛みが出て抜くことになれば、ただ働きどころか、下手をするとその後の処置も赤字でするしかありません。



そんなリスクを冒しながらもなんとかやっているのは「家族にするような治療」をめざいしている事と、

「歯科医としてのプライド」でしかありません。


感想は、よかった。ただそれだけです。


患者さんは気づいてはいないようですが、本当に奇跡的なことなんですよ。それがちょっと残念といえば残念。


一応お断りしておきたいことがあります。

どうしても無理なものは無理です、何でもかんでも残せるわけではないですからね。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック