廿世紀

私は普段ほとんど果物は食べません。

特に嫌いではないのですが、好んで食べたいと思わないのです。

が、梨だけは大好きです。

何の中でも廿世紀だけ。

あのシャリシャリが好きなのです。

因みにあのシャリシャリは梨の細胞の中の「石細胞」のせいらしいです。

高校の生物で学びました。

また、廿世紀の最初の種はゴミ置き場から見つかったそうですが、ほんとかなあ?


で、廿世紀ですが、こだわりがあって「大阿太高原」産しか食べない。

ほとんどの人は梨といえば、千葉県か鳥取。


しかし、奈良県でも生産しているのです。

奈良県の大阿太高原。

関西でしか有名ではないのです。


しかし、この梨が格別。

今回お世話になっている、元一部上場株式会社の社長にさしあげたところ

「こんなにおいしい梨が奈良県で取れるとはわしもしらなかった」


そうなんです。

美味しいのです。

機会があったらぜひ取り寄せてみてください。


でも大好きな梨が出回ったらもう季節は秋。

朝、夕はどんどん暗くなります。

寂しさが募ります。

特に独身の私は居ても立っても居られないほど寂寥感に襲われていくのです。

ガールフレンドがほしいです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック