味噌作り

奈良のお正月は白みそのお雑煮で始まります。

里芋、お雑煮用の細い大根、丸餅が入ります。

そしてその白みそは各家庭で作っていました。

西尾家でも作っていました。

そして私がそれを何とか受け継ごうと何年も前から試行錯誤をして作ってきました。


昨年はまあまあの出来だったので今年こそ完成させたいのです。


大豆は水に一晩漬けてそれをたっぷりのお湯で柔らかくゆでます。

ミンサーで挽きます。

もちろん容器も使う道具もすべて熱湯消毒します。

画像


あらかじめ麹と塩を混ぜておき、挽いた大豆と混ぜます。
画像


大きな団子にしてツボの中に空気が入らないように詰めていきます。

画像


このとき、大豆の煮汁を加えて固さを調節します。

これが意外とむつかしい。

詰めたら上にラップでふたをします。

画像


その上に重しをしますが、私は塩をビニール袋に入れて重しにしています。
画像


ツボのふたをしてそれを新聞紙でくるみます。

画像


これで1か月以上発酵させれば完成!

さあ1か月先が不安でもあり、楽しみでもあります。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック