歯科医逮捕 真相は不明だけど全く迷惑な話だ

岡山の歯科医が逮捕された事件。

今日のネットのニュースにこういうのがありました。


健康な歯を3本削られたという女性が、当時の状況を語った。

被害に遭った岡山市の20代の女性は、「(どんな治療受けた?)『親知らずが痛い』と言って行ったにもかかわらず、手前の3本の歯を削られて、神経を抜かれた」と話した。

患者の歯を本人の許可なく削り、損傷させたとして、17日、傷害の疑いで逮捕された岡山市の歯科医師・福原淳郡容疑者(53)から、2017年の夏、「治療」を受け、健康な歯を3本削られた。

被害者は、「(おかしいなとは?)歯茎の治療をするのだと思っていたので。歯茎が腫れていたので。でも、歯を削り始めたので、おかしいなと」と話した。

逮捕された福原容疑者は、「患者を傷つける行為は、一切していない」と容疑を否認している。

                                                   岡山放送 より

報道だけで実際診察していないので、何とも言えないという前提でお話しします。



ちょっと立ち止まって考えてみてください。


この女性「親知らずが痛い」と受診されています。

が、本当に親知らずだったのでしょうか?


親知らずが痛いと来院されてレントゲンを撮ったら先天的に親知らずがもともとなく、痛い原因は奥の歯だったということがありました。

親知らずが痛いので歯茎の治療というのも変です。

被害者を貶めるつもりはありませんが、我々は、診断を重要視します。

診断が正しければ治療は手順に沿って行うだけです。

(もっとも、すべての歯科医は同じ知識と治療方法ができるわけではないのでいくつ引き出しがあるかで歯を残せるかどうかが違ってきます。常に勉強です)


でこの被害者の方の診断が正しかったかどうかもまず問題になると思います。


が、大きな問題は

歯科医が事前に説明しなかったことです。

口の中は鏡を使わないと見えません。

上顎に関しては合わせ鏡にして2枚の鏡を使ってもよく見えません。


だからできるだけ説明をします。

しかし、立体なものを平面的に説明をするのは指南の技です。


こういう事件があるとすべての歯科医が犯罪を起こしているようにみられがちです。


私はよく患者さんに言います。

合法的に許されているから治療しているんですが、歯を削ったり抜いたりするのは傷害だと。

だからできるだけ抜かない、削らないのです。


今回の事件まったく迷惑な話です。



治療に関してなど聞きたいことがあったら聞いてくださいね。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック