28周年

昨日28周年を迎えました。

が、
誰一人それを口にする事もありませんでした。

この日が開院記念日であることはあるもののパスワードの一部に使っていてスタッフもそのことは知っています。



過去には何も言わなくても、立派な盾をもらったり、少なくともメッセージもらいました。
画像


物をもらうことより、お祝いしてくれることがうれしいのです。

この手作りの旗を見て懐かしく心が和みました。

思い出と戦っても勝たない事は重々承知ですが、思い出で心が和む
事もあります。



時代なんでしょうね。

スタッフから何がしかのメッセージや何かをもらう事はなくなりました。


今日は一人居酒屋でお祝いです。
画像


が、常連さんが急に大挙見えてまたいづらくなり、一人家飲みです。

家族にするような治療をして28年

ほぼそれはできても私が家族のような扱いを受ける事はなくなりました。
歳をとるってこういう事なんですね

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック