病気に休みはない。

私が歯科医になって東京医科歯科大学口腔外科に勤務したころから思っていたことがあります。

それは

「我々医療従事者に休みはあっても、病気に休みはない」

「我々医療従事者に休みはあっても、痛みに休みはない」

ということです。


病棟勤務だと特に感じることが多いのです。

成人病棟の患者さんの大半は癌の患者さんです。


私たちが帰宅した後、休みでいなかった時も、病気は存在し、痛みは起こる。

そのことを知るのは出勤してカルテを見た時。

確かにその痛みは当直医がなんとか処置をしてくれています。が、病気であることは確かです。


担当である自分たちはその間、テレビを見たり、ご飯を食べたり、好きなことをしている。


これってどうなんだろう??

そう感じてきたのです。

かといって、24時間、365日、患者さんとともにいられないのです。人間ですから。



開業医になっても、その気持ちはあります。

ここ数年、早く終わることが多いのです。

アポイントがその時間埋まらないというのが一番の理由ですが、

離婚して家事をするのが私一人ということもあります。


最近私はできるだけ遅くまでいます。

それは娘が就職して夕食の時間が遅くなったからです。

作り始める時間も遅くていいのでゆっくり帰ればいいのです。

少しでも病院にいて急患対応や予約の電話に出るようにという思いからです。


「我々医療従事者に休みはあっても、病気に休みはない」

「我々医療従事者に休みはあっても、痛みに休みはない」



ただの自己満足と言われるかもしれません。

が、職業意識がそうさせているのです。


スタッフはというと予約の患者さんが終わると早々と帰っていきます。

これは早く終わるもう一つの理由です。最近の人たち、つまりスタッフは早く帰ったりしなければ、いつかないのです。

どの職種でもそうだと思いますが、最近の人は職業意識が少ないと思います。


この職業意識は自分で感じていくもので強制されるものではない。

だからこそむつかしいのです。









"病気に休みはない。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント