テーマ:医療に対しての私の考え方

週刊ポスト 提灯記事

週刊ポストの4月5日号にまた歯科の記事が載りました。 題して 「やってはいけない歯科治療」 これの突っ込みどころ満載です。 細かいところは省いて この記事には数人の歯科医から話を聞いてそれを鵜呑みにして書いているとしか考えられない内容になっています。 かなり前に反論のブログに岩澤ジャーナリストは反論の話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また出た 週刊ポスト 勘違い記事

先週週刊ポストに「間違いだらけの歯科医選び」という記事が出ました。 勘違い、大げさ あおり などなど 突っ込みどころ満載です。 前回も同様の記事があって反論をこのブログで書いたところ、連絡があり、ジャーナリストと面談することになりました。 詳しくは以前のブログ見てください。 その頃の記事より多少歯科治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療時のゴム手袋

昨年暮れ、初診の女性が 「先生 偉いですね」 「?」 「手袋しないんですよね。 手袋はお医者さんたちが自分を守るだけの為ですもんね」 すばらしい!! よくわかっていらっしゃる!!! そうなんです。医療従事者が手袋をつけるのは、自分たちが感染しないようにつけるのです。 患者さんの為では全くありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気に休みはない。

私が歯科医になって東京医科歯科大学口腔外科に勤務したころから思っていたことがあります。 それは 「我々医療従事者に休みはあっても、病気に休みはない」 「我々医療従事者に休みはあっても、痛みに休みはない」 ということです。 病棟勤務だと特に感じることが多いのです。 成人病棟の患者さんの大半は癌の患者…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

だいじょうぶですかぁ

口の中の治療は他の科と違って苦労があります。 一つは口を開いていてもらうという患者さんの協力が必要だということ。 そして狭い空間の奥の方に器具を入れて見えにくい部分を何とか治療しなくてはいけないこと。 一番の苦労は口は呼吸もする場所であることです。 歯の治療は水をかけて削ります。 その水がの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

治療時の手袋は必要か?

ある歯科の口コミサイトに 「ここの先生は素手でした。もう絶対行きません」 という書き込みがありました。 私はずっと素手で治療をしていたので世の中の風潮はこうだったのかと愕然としました。 それからしばらくは手袋をつけて治療をしていました。 が、これが良くない! 手に感覚が直接伝わらないので細かい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

診断という一番大切なもの

94になる母のことです。 1年以上前ですが、顔から口にかけて痛いという母。母は無歯顎、つまり総入れ歯です。 私が診たところ右上顎のかなり奥に痛みを誘発する場所があり、大きさは直径2ミリくらい。 そこに入れ歯が当たることで痛みを誘発していることがわかりました。 そこに当たる部分の入れ歯を削ることで一時期は治りました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うれしいこと

先週うれしいことが2つありました。 一つは 先週初診でみえた患者さん。 最初に一言「ブログ見てますよ」 とっても嬉しかったです。 私は 私の治療方針、やっていることなどわかったうえで 納得して治療されてほしいのです。 なんでもいいから、どこでもいいから といってきた患者さんより、わかったうえで来てもらっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

今年も最後の砦となるように

新年あけましておめでとうございます。 昨年は私を頼ってきていただいて感謝しています。 なかでも、何人かの初診の方が 「他の歯医者で無理だと言われた歯でも、西尾先生ならなんとかしてくれると知人に言われた」 と来院されました。 その歯は通常なら抜くという状態でした。 結局、何とか残すことができまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抜かなくてはいけないと診断された歯を助ける

先々月、初診で女性の患者さんが来院されました。 「他院で絶対抜かなきゃいけないと言われたんですが、知り合いから西尾先生なら何とかしてくれるかもといわれて来た」 とのことでした。 見てみると上の大臼歯、形はかろうじてあるものの、中は虫歯でひどい状態。 おまけにその中心は穴が開いて、本来歯があるべき部分から肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誠実な歯科であること、それを続けていくこと 4

3回にわたって誠実な歯科、治療の話をしてきました。 最後に 外注の材料屋さんについてお話しします。 歯科の材料、機材を作っている会社はたくさんあります。 大手では松風(しょうふう)GCなどです。 歯科材料は数えきれないくらい種類があります。 皆さんも想像できるように小さなものばかりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誠実な歯科であること、それを続けていくこと 3

誠実な歯科、誠実な治療を行う上でもう一つ大事な人たちがいます。 それは、技工士さんと材料屋さんです。 技工士さんは院内に雇っている場合もありますが、大抵の歯科医院では外注、つまり外部の技工所に仕事を依頼しています。 ニシオ歯科ではネモトデンタルという技工所にお願いしています。 技工士さんは一人です。彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誠実な歯科であること、それを続けていくこと 2

前回は誠実な歯科、誠実な治療についてお話しできる範囲でお話ししました。 今日はスタッフに対しての誠実さなどについてお話しします。 歯科治療は歯科医師だけではできません。 歯科衛生士、受付、歯科技工士などの協力があってようやくできるのです。 まずは受付ですが、ただの受付だけでは務まりません。 治療によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 こんな歯医者、こんな治療に気を付けろ!

また出ましたねえ。歯科関連記事。 今回はインプラントが良くないといった記事です。 確かにインプラントは問題が多いと思います。が、全てではない。 良くない原因として考えられるのは インプラントはそれぞれのインプラントを作っている会社の講習を受けて購入資格ができます。 が、その講習は大抵 午前中講義、午後実習の1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい歯科医とは いい治療とは

週刊ポストの歯科関連の連載まだ続いています。 みなさんは良い歯科医のもとで良い治療を希望しているでしょう。 そもそも物事の「良い」「悪い」ってどこで判断するのでしょうか? 私は「良い」「悪い」はないと思っています。 極論ですが、人を殺すのは日本人は悪いと思っている人が大半です。 が、イスラムの一部の人たちは、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポストでは書かれていない、良心的な歯医者の見つけ方

週刊ポストではマイクロスコープを使っているところが、さも良心的だと思われる記事になっています。 が、マイクロスコープはお金さえ出せば買えます。 逆にマイクロスコープを宣伝にして、良心的と思わせている悪徳歯科医もいることが考えられます。 では何をもって良心的と判断するのか? これはむつかしい事です。 私が思うに「手間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 「このインプラント、やってはいけない」

昨日は台風でお休みしました。 やはりというか、以外というか、午後から京葉線は止まりました。 問い合わせいただいた患者さん、もし、来ていただいた患者さんいらしたら、この場を借りてお詫びします。 さて、今回の週刊ポストの記事。 今回もいい記事です。 私もとんでもないインプラント専門医に勤務したことがあり、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に響く言葉

前回、私は活字中毒者だとカミングアウト(笑)しました。 そこで今回は、今まで読んできた本の中から私の心に響いた言葉を紹介します。 ************************** エリートというのは、簡単にはなれないのだ。 エリートというのは優れた才能があって、卓越した仕事をする人間ということだけを言ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

First, Do No Harm

先日3Mix-MP法の学会で特別講演された「あいうべ体操」を提唱されている今井先生の講演でお話しされた言葉です。 「First, Do No Harm」 まず/何よりも,害を与えてはならない つまり、害のない治療から始めようということです。 例えば 歯の痛みがあったとします。 ところが虫歯らしきものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者のねがい患者のねがい その1

この本は私が高校生のころ読んだ本です。 1971年9月に出版されています。 今は絶版になっている本です。 私はこの本を大切にしています。 この本を書いた開業医 後藤浩先生に共感できたからです。 医療に携わる心構えをこの本から学んだといっても過言ではありません。 いくつか内容を紹介しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者嫌い 追加

今日から仕事です。 さて、歯医者嫌いの一つに「日にちがかかる」というのがあります。 何回も通院しなくてはならない。 その一番は根(神経)の治療だと思います。 神経が死んでしまうと(これってすごい言い方ですよね)ばい菌に感染します。 神経はもとより歯も感染するのです。 根の治療はその腐った神経を洗い流し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかりやすいとは?

私が東京医科歯科大学の口腔外科に勤務していたころ 患者さんの問診をしていました。 すると 「先生、わたし、血管に最近コレクトコールが溜まって」 えっつ??? コレクトコールって相手払いの電話????? 別のおばあちゃんは 「血管にポリエステルが・・・」 これ、実話ですよ。 血管にはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more