テーマ:医療

歯槽膿漏の救世主となるか?世界初「リグロス」

先月、毎日新聞にある記事が載りました。 昨年11月に科研製薬がリグロス®を発売したというものです。 私、実はこのリグロス(以下®は省略)については10年前に科研製薬の研究者に話を聞いているのです。 その頃はまだ製品どころか、研究段階。 濃度を何%にすると効果が高くなるかを研究している段階でした。 濃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ 感染拡大を止めた

先々週 娘がインフルエンザに罹りました。 間の悪いことに、息子の試験が始まったばかりです。まだ試験期間は2週間位あります。 罹患させてはいけない。 もちろん私が罹患してしまったら、仕事もできないどころか、スタッフや、患者さんにうつしてしまう恐れもあります。 なんとしても、感染拡大を娘で止めなくてはいけません。 どのような感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とっても大事

毎日寒いです。 私は毎朝5時前に起きて家事をして、出勤。7時半から8時の間にニシオ歯科に着きます。 その時間はとっても寒いです。駅までの自転車の上で凍ってしまいそうになります。 寒さのせいか、スタッフが熱を出し休んでいます。 インフルエンザでなければいいんですが・・・・ さてニシオ歯科に着いたらまずは機械の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3Mix-MP法をするようになったきっかけと、信じている理由

しばらく歯科関係のお話はしていませんでした。 今日は3Mix-MP法を信じている理由をお話しします。 私は、色々なところにアンテナを広げているため、新しい技術の情報は日々入ってきます。 その中には確かな情報も、怪しい情報もあります。 特に新しい情報の中にはかなり怪しいのも含まれています。 それらを詳しく知るため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙が出るほどうれしい

週刊ポストに載ったことを知った患者さんから掲載号を貸してほしいといわれました。 その患者さんはかれこれ20年来の患者さんです。 今日その患者さんが貸した週刊ポストとジュースを持ってきてくれました。 ジュースを冷蔵庫にいれようとしたところ 何か小さな紙が・・・ 思わず涙が出そうになりました。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊現代 こんな歯医者、こんな治療に気を付けろ!

また出ましたねえ。歯科関連記事。 今回はインプラントが良くないといった記事です。 確かにインプラントは問題が多いと思います。が、全てではない。 良くない原因として考えられるのは インプラントはそれぞれのインプラントを作っている会社の講習を受けて購入資格ができます。 が、その講習は大抵 午前中講義、午後実習の1日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 週刊現代 歯科関連記事 と 歯科衛生士募集

ようやく歯科関連記事が終わりましたね。 ずいぶん長かったです。 今まで医療関連の記事が多いのに歯科関連記事が少なかったのがようやくといった感もあります。 が、記事について共通して言えることは、記者が歯科治療の内容を完全に理解していないこと、歯科の問題点の本質がとらえられていないことが言えると思います。 さて、今月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト やってはいけない歯科治療 第11弾 「保険」の欠陥、「自費」の落とし穴

10弾で終わりかと思いきや さらに11弾ですか。よく続きますね。 今回は保険と自費についてですが 保険で治療した歯は二次カリエス(また虫歯になること)になりやすいとあります。 が、私の経験では同割合です。 ここに書かれた歯科医は歯肉圧排がみそだと。 私はそれより技工士の腕、患者さんのケアが影響していると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 歯科技工士残酷物語

またまた やってはいけない歯科治療の記事が出ました。今回で第10弾 よく続きます。 今回は歯科技工士にスポットを当てています。 歯科技工士とは歯科医がとって、作った患者さんの石膏模型からインレーやクラウン、義歯などなどを製作する国家資格です。 ところが、その料金はダンピングされ、挙句、歯科技工士は技術に見合わない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

週刊現代 60過ぎたら歯を磨いてはいけない

また歯科関連記事でましたねえ。 「週刊ポスト」に続いて、今度は「週刊現代」 「ブルータスおまえもか!」 「週刊現代おまえもか!」です。 さて記事の内容ですが、 口の中の菌によって肥満、糖尿病、アルツハイマーなどの原因になる。 が、一般の人の磨き方が良くない。 食べてからすぐの磨きはよくない。 歯磨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いい歯科医とは いい治療とは

週刊ポストの歯科関連の連載まだ続いています。 みなさんは良い歯科医のもとで良い治療を希望しているでしょう。 そもそも物事の「良い」「悪い」ってどこで判断するのでしょうか? 私は「良い」「悪い」はないと思っています。 極論ですが、人を殺すのは日本人は悪いと思っている人が大半です。 が、イスラムの一部の人たちは、ジ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポストでは書かれていない、良心的な歯医者の見つけ方

週刊ポストではマイクロスコープを使っているところが、さも良心的だと思われる記事になっています。 が、マイクロスコープはお金さえ出せば買えます。 逆にマイクロスコープを宣伝にして、良心的と思わせている悪徳歯科医もいることが考えられます。 では何をもって良心的と判断するのか? これはむつかしい事です。 私が思うに「手間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 歯科医療の記事 悪徳歯科医を見抜く やっぱり偏向的

またまた出ました。 前回のインプラントの記事はまあまあいい記事でした。 が、今週号の記事はまたまた偏向的です。 どうもマイクロスコープが好きな歯科医を薦めているようで仕方がありません。 根管治療のためのマイクロスコープなら全く必要がない。 何度も言います「3Mix-MP法なら根管が見えなくても全く問題なく治療ができま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト 「このインプラント、やってはいけない」

昨日は台風でお休みしました。 やはりというか、以外というか、午後から京葉線は止まりました。 問い合わせいただいた患者さん、もし、来ていただいた患者さんいらしたら、この場を借りてお詫びします。 さて、今回の週刊ポストの記事。 今回もいい記事です。 私もとんでもないインプラント専門医に勤務したことがあり、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポストからの取材 歯科関連記事に関して

夏休みが終わり今日から診療です。 週刊ポスト8月19/26日号発売されました。 恥ずかしながら実名で記事になっています。 その経緯をお話ししましょう。 5日、週刊ポストから電話がありました。 私が今まで書いてきた週刊ポストの記事への批判。 それを見て、ぜひ意見を聞かせてくださいとのこと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト歯科関連記事 少しは勉強したかな?でも・・・

また記事が出ました。第4弾 まずは二次カリエス。 つまり一度治療した歯が虫歯になることです。 かぶせた歯の中が虫歯になったこという話の流れでレーザーの虫歯検知器?がいいと書いていますが どんな虫歯検知器をもってもかぶせた内側の虫歯はわかりません。 またセラミックは虫歯になりにくい??? そんなことはありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の気持ちになって

7月19日火曜日をお休みし、17日から20日まで実家の奈良へ行ってきました。 今年93才になる母の様子を見るためです。 実家には甥っ子が一緒に住んでくれ、状況をメールで報告してくれています。 母は今年、転んでから急に歩くことがおぼつかなくなったらしいのです。 東京と大阪は新幹線を使えば2時間ちょっとでつきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポスト歯科関連記事のでたらめ 3

第三弾として7月22/29日号が出ました。 今回もでたらめな記事です。 今回は説得力を増すためか歯科保健点数を詳しく書いていますが実際の内容は というと・・・ 大抵の歯科医院の問診票にある 「保険診療の範囲での治療を希望しますか」 という文章 これを治療費を多く払う患者か否かを最初に選別する手段としている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポストの歯科関連記事のでたらめ 2

週刊ポストの7月15日号「やってはいけない歯科治療」第二弾 前回もお話ししましたが、あらゆるものは「仮説」です。 例えば「3歳までに虫歯菌に感染しなかったら一生虫歯にはならない」 こんなことは私たちが学生の頃は一笑に付されたのです。 が、今や定説になっています。 しかしこれも仮説です。今後覆るかもしれない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ポストの歯科関連記事のでたらめ 1

週刊ポストの7月8日号、7月15日号2週にわたって「やってはいけない歯科治療」と題して 歯科治療に関する記事が掲載されました。 7月8日号では 1「虫歯を取り残したほうが儲かる 歯科医10万人時代の“治さない“治療」 虫歯をわざと取り残す治療をしているという荒唐無稽の話 2「日本人の7割の口の中にある「銀歯」が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

3DS

口内フローラについて2回にわたってお話ししました。 口内フローラを調えるのに有効なのは3DSといわれています。 これはマウスピースにちょっとしたくぼみをつけて、薬剤が流れにくくしたものを使います。 このマウスピースに消毒の薬液を流し、それを装着します。 約5分おくと薬剤の作用で歯周病菌を減らすというものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口内フローラ ちょっと詳しく

3月3日のブログで口内フローラが注目をあびているというお話をしました。 ブログの閲覧数が格段に伸びました。 皆さんが気になっているようなので少し掘り下げます。 もともと歯科用語には「細菌叢」という言葉はあっても「口内フローラ」という言葉はありません。 しばらく前に言われた「腸内フローラ」をもじった言葉だと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口内フローラ

一昨日のTV朝日グッドモーニング見ましたか? <明快!まとめるパネル>というコーナーで「口内フローラ」を紹介されました。 このコーナーのもとになったのは 週刊現代3月12日号 「口内フローラ」でピンピン生きるという記事でした。 グッドモーニングでは ************************ 口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠い国から来たミラー

ある患者さんの話をします。 そのAさんはイギリス人で日本の女性と結婚しました。 男と女の子供が2人。 私がイギリス人の方の治療をしていた頃、2人のお子さんは高校か大学かくらいの年齢でした。 しかし、2人とも英語が苦手。 またAさんも少し早口で日本語はさほどうまくなかった。 「お父さんって何言ってるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻薬の扱い方

前回の続きです。 前回は私が麻薬を使用する(笑)という話をしました。 今回は麻薬の扱い方をお話しします。 東京医科歯科口腔外科時代で経験した話です。 そもそも麻薬は通常で処方されることはありません。 麻薬施用者免許を持っていても簡単には処方できません。 これからの話はもう30年以上も前の話なので記憶違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は私、麻薬を使ったことがあります

連日清原の覚せい剤所持、使用のニュースが報道されています。 実は私も麻薬を使ったことがあるのです。 東京医科歯科、口腔外科にいたころです。 麻薬を何回か使いました。 患者さんにですけれど(笑) 口腔外科に何年かいると数か月、麻酔科と放射線科に出向?するのです。 麻酔科に行くと、麻酔医として働き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (宗教と金儲け) 3

さて、そのE先生。手から光が出るという宗教に入っていると話しましたよね。 一緒に住んでいる女の人もその宗教の幹部だったらしかった。 病院にも常にその宗教の関係者が来ていました。 あるときはKという漫画家。 後日その漫画を見せてもらいましたが、宗教がらみの漫画でした。 ではその宗教の力とは?? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (宗教と金儲け) 2

前回の続きです。 E先生独身でしたが、女の人と一緒に住んでいました。 そしてどうも男女の関係はなかったらしい。 その女の人は伊豆の旅館の娘で、例の宗教のえらい人だったようです。 社員旅行は2度行きましたが、伊豆のその旅館で芸者さんを上げての宴会でした。 あるとき急に 「あさっての忘年会は西尾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (宗教と金儲け) 1

開業医E先生 私が医科歯科をやめて初めて無職になったときに拾ってくれた先生です。 もともとは私の出身校日本歯科大学の矯正の先生でした。 大学当時から手をかざして、そこから光が出るという教団に入っていましたようです。 私がその先生の病院に勤務したとき、彼は2箇所の病院を経営していました。 国分寺にある矯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (命も生活も削る酒)

O先生 中央区開業医 私の同級生です。 学生時代は同級生で作ったロックバンドのボーカルをやっていました。 そのせいか歌は抜群にうまい。 また、生粋の江戸っ子で人当たりもいい。 憎めない性格。 彼は大学卒業後中央区の大きい病院で勤務したあと自宅にビルを建てました。もちろん借金でしょうが1億かかったそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more