テーマ:医療

困った歯医者 (インプラント専門破壊者) 2

インプラント専門医 H野 前回の続きです。 彼はまた、とんでもなくお金に執着していました。 患者さんの口に入れる補綴物の金属は患者さんの口からはずした金属をそのまま溶かして使う。なにが入っているかわからない金属を。 忘年会でもビールの追加をしようとすると昔からいた衛生士がこっそりと「だめですよ、院長先生が頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (インプラント専門破壊者) 1

インプラント専門医 ☆野 私が2度目の無職の後、勤務した病院の院長 私は2度無職(1ヶ月以上)になり3度クビになっています。 2度目の無職のあと、口腔外科に5年半勤務したことをいかそうと面接に行ったのがこの院長の病院でした。 彼は2つ病院を持っていました。赤坂と府中。 私が面接に行ったのが赤坂でした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (こない) 

困った歯医者 東京医科歯科大学B先生 話しに入る前に当時の医局の説明をします。 その当時口腔外科は第一と第二に分かれていました。 私は第一です。 トップは教授 次が助教授   講師     助手(10人くらい)   医員(40人くらい)   専攻生(20人くらい) 医員と専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (ギャップが激しい) 2

さて、印象までお話しましたね。 *今回は用語解説しているととんでもない量になるので一般の方はごめんなさい。わかりにくいと思います。なんとなく想像してください* そうそう寒天がないんです。 ラバーもシリコンもない。 しょうがないのでアルギン酸印象材だけでとりました。 で、テック(仮歯)。即重レジンは??? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

困った歯医者 (ギャップが激しい) 1

私が出会った困った歯医者を紹介します。 何人もいるのですが今回は ギャップが激しい歯医者です。 難解な言葉も出てきますがなんとなく理解してください。 Dr.A 東京医科歯科大学をやめて数年後、ある知り合いの先生に頼まれて臨時でいった歯科医院の経営者でした。 「知り合いの先生が脳梗塞で倒れて入院したんだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美容整形と女性の魅力3  悪徳美容整形

その美容整形は有名な割りに河田町(昔のフジテレビの近く)のわかりにくい奥まったところにありました。 病院も小さければ待合室は話したように小さい(四畳半くらい?もっと小さかったかも) 診療室の隣のカーテンで区切られた場所にオペ室がありました。 滅菌という意味では最低の状態。 2階には4つのこれも4畳半くらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美容整形と女性の魅力 2

以前に書いた同題の記事の続きです。 ネグリジェにガウン、香水ぷんぷんの言葉がきつい女医の言葉にそのまま身をゆだねる。 正常な感覚ならおかしいと思うでしょう。 でも来ている患者さんはもともと悩んでいる。おまけに大音量のFEN(アメリカ軍の極東放送)で感覚がおかしくなっている。 かわいそうです。 私が話し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美容整形と女性の魅力 1

韓国の美容整形の術前術後の写真見たことがありますか? すごいです。まるで別人。 後遺症ってないんでしょうか? ものすごく気になります。 実は学生時代にある美容整形の病院のアルバイトをしたことがあります。 それも悪徳病院だったことが後で判明し、廃院になった。 今日はその話をしましょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌痛症、おそらく全国の歯科医師でこの病気を治せるのは私と数十人いるかいないか③

私が常勤で務めた歯科医院の話です。 普段は私一人が診療にあたり、1週間に1度院長がくるという病院でした。 ある時、院長が「娘が今度週に1日お世話になるからよろしく」とお願いされました。 娘さんは歯科医師です。が、まだ経験が浅かったのです。 週に1日くる娘さん(以後女医さん)はさすが歯科医師の娘、肝が据わっており、経験…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌痛症、おそらく全国の歯科医師でこの病気を治せるのは私と数十人いるかいないか②

前回の続きです。 つらい体験の話です。 東京医科歯科時代のことです。 口腔外科の後輩が悩んでいました。 彼が担当した患者さんですが、歯が痛いと訴えていました。 しかしその歯はもちろん虫歯もなく、顎骨にもまったく異常はありません。 その後輩は上の先生と相談して神経を抜きました。 でも痛い。 そこで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舌痛症、おそらく全国の歯科医師でこの病気を治せるのは私と数十人いるかいないか①

First, Do No Harmの表題がついた10月1日のブログの最後にこういうことを書きました。 「 私はこの話に関連する過去につらい経験があります」 今日はその話をしましょう。 東京医科歯科の口腔外科には多くの人が診察に来られます。 歯を抜くことや口内炎などの病気に始まって、奇形や癌、その他あらゆる病気が口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だんだんあなたはねむ~くなる

前回、催眠の話をしました。 今日は私が、無麻酔で現役歯科衛生士の親知らずを抜いた時の話をしましょう。 医科歯科の口腔外科の外来。 さすがに私もそれまではできると思わなかったのです。 だから麻酔の注射をいつでもできるように用意して 催眠に誘導しました。 暗示は「麻酔がかかって痛みを感じない」というもの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

催眠で歯科治療

かなり前ですが、こういう番組が放送されました。 仰天ニュース「催眠術スペシャル」 内容はこうです 3つの話がありました 一つ目は 2008年イギリスの歯科医が友人の催眠療法士と一緒に画期的な治療法を研究する。 それは催眠下で無麻酔で歯科治療するというもの。 そして長年虫歯で悩んでいた患者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

First, Do No Harm

先日3Mix-MP法の学会で特別講演された「あいうべ体操」を提唱されている今井先生の講演でお話しされた言葉です。 「First, Do No Harm」 まず/何よりも,害を与えてはならない つまり、害のない治療から始めようということです。 例えば 歯の痛みがあったとします。 ところが虫歯らしきものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者のねがい患者のねがい その2

前回紹介した「医者のねがい 患者のねがい」という本の内容をもう一つお話ししましょう。 ********************* 開業医にもいろいろある。 一つは医学に忠実に診療を行う良心的なグループ。 他の一つは医業に専念するいわゆる医者屋グループ。 その根本は医者の職業を営利と考えるか、学問と考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者のねがい患者のねがい その1

この本は私が高校生のころ読んだ本です。 1971年9月に出版されています。 今は絶版になっている本です。 私はこの本を大切にしています。 この本を書いた開業医 後藤浩先生に共感できたからです。 医療に携わる心構えをこの本から学んだといっても過言ではありません。 いくつか内容を紹介しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

口腔外科って?

私が東京医科歯科大学で5年半勤務した「口腔外科」とはなんでしょう? 「こうくうげか」と読みます。「こうくうげか」というと「航空の外科?」だと勘違いされます。もちろん航空外科なるものは存在しません。 また、口腔外科と漢字で書くと「こうちつげか?」といわれることもあります。 「腔」と「膣」似てなくもないですが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去に助けた命

過去にも1度命を助けたことがあります。 それは東京医科歯科大学第一口腔外科に勤務していたころです。 医科歯科の口腔外科には2つ病棟がありました。 成人病棟と小児病棟。 成人病棟には癌や様々な病気の患者さんが入院。 一方、小児病棟は口唇裂、口蓋裂の患者さんが多いのです。 その日、昼休み、私は小児病棟のガラスで仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の命を救う

歯科医師は医師という名前がついているのにもかかわらず、人の命を救うということはあまりありません。 東京医科歯科大学の口腔外科に5年半勤務していても直接命を救ったのは1人。 そうそう救急の場に居合わせることはありません。 昨日、帰宅の京葉線、新木場駅で降りたところ隣の車両がざわついている。しかも女性がホームの緊急ボタンを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医者に殺される?自分が原因?

前回お話ししたおばあさんの話の続きです。 どうしても歯槽膿漏が治らない。 歯茎が腫れる。 おばあさんはあることで順天堂病院に入院することになりました。 そこで私は順天堂の担当医に今までの経過を説明し、余分な薬を減らせないかと手紙を書きました。 というのはそのおばあさんはかかりつけの診療所から処方された10種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高血圧は歯槽膿漏をひどくする

高血圧の治療ってわかります? そう食事療法、適度な運動、そして内服薬 その薬、なにか知っていますか? ほとんどすべてが「カルシウム拮抗剤」です。 カルシウムが細胞の中に入るのを防ぐ薬です。 食事や薬として入ってきたカルシウムには影響しない ということになっていますが・・・ この「カルシウム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者嫌い 追加

今日から仕事です。 さて、歯医者嫌いの一つに「日にちがかかる」というのがあります。 何回も通院しなくてはならない。 その一番は根(神経)の治療だと思います。 神経が死んでしまうと(これってすごい言い方ですよね)ばい菌に感染します。 神経はもとより歯も感染するのです。 根の治療はその腐った神経を洗い流し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者嫌い その3

今回は音の話です。 歯を削る機械には大きく2種類あります。  マイクロモーター  エアータービン  マイクロモーター これは手元にあるモーターを回し、その回転で削ります。 音はギュルギュル???低い音です。 ちなみに私が子供の頃は、関節みたいなところに細いロープがかかっていてそれが椅子についている大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者嫌い その2

前回の話の続きです。  「過去に痛い思いをした」 この話をしましょう。 痛い理由はいくつかあります。 * 麻酔薬の違い 麻酔薬にはいくつかあるのですが、 現在、主に使われているのがキシロカインという麻酔薬です。  私が学生の頃、主流はプロカインという麻酔薬でした。 どう違いがあるのかと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歯医者嫌い その1

歯医者嫌いの人にはいくつかの原因があると思われます。 ・過去に痛い思いをした ・削る時の「ヒューン」という音が嫌い。 そしてこんなことを言われた人もいるのではないでしょうか? 「こんなひどくなるまで、なんでほっておいたの?」 実際の言い方のニュアンスは「?」ではなく「!」ですよね。 私たちは日ごろ患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オゾンナノバブル水とは

水中に気体を入れると泡になってすぐにポコンと水面に上がってはじけますよね。 その気泡をナノサイズ(1/10000ミリ)にすることで水の中に長い時間とどまり続けるのです。 この気泡を含んだ水がナノバブル水です。 このナノバブル水には、その気体によって酸素ナノバブル水、二酸化炭素ナノバブル水 などがあります。 オゾンで作…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

3Mix-MP法

ニシオ歯科で積極的に使っている3Mix-MP法についてお話ししましょう 「スリーミックス エムピーほう」 これは仙台の開業医の宅重(たくしげ)先生が最終的に完成させた方法です。 例えばここに虫歯の穴がみえます。 もちろん黒く(茶色く)なった部分は虫歯です。 その下にも虫歯は広がっています。 さらに歯の奥まで虫歯の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

99.9%は仮説

こういうタイトルの本がありました。 飛行機が空を飛ぶ理由は実はわかっていない。というのは今言われている考え方では、矛盾することがあって説明できない。だからそれは真実ではなく仮説。 というような内容でした。 医学もそうです。 、「虫歯は感染する」ということもそうです。 これは今では定説になっています。が、20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかりやすいとは?

私が東京医科歯科大学の口腔外科に勤務していたころ 患者さんの問診をしていました。 すると 「先生、わたし、血管に最近コレクトコールが溜まって」 えっつ??? コレクトコールって相手払いの電話????? 別のおばあちゃんは 「血管にポリエステルが・・・」 これ、実話ですよ。 血管にはい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more